フィラリアの薬

フィラリアの薬や感染しない方法をいち早く見つけよう

フィラリアの薬/フィアリア症とは

 

フィアリア症とは何か?

 

フィラリア症は別名(糸状虫症)とも言われ名前のごとく細長い気持ちの悪い虫であります。

 

 

他にも人体に感染すると(バンクロフト糸状虫症)などの多くの脊髄動物にたくさんの寄生虫が数多く知られています。

 

寄生虫はそうめんの長さで17センチ〜28センチぐらいあります。
犬に感染すると(犬糸状虫症)と言われ犬の心臓と右心房の肺動脈に寄生します。
何年か前ではフィラリア薬だと6月上旬から予防薬として服用していましたが最近では温暖化の影響で5月の上旬頃から飲むことになりました。

 

犬糸状虫症にかかると右図のようになりますがとっても恐ろしい病気です。
一歩発見が遅くなると命とりになりかねません。

 

可愛いワンちゃんの健康管理に気をつけるのも飼い主の役目です。
あなたの飼っているワンちゃんを生命を脅かす怖い寄生虫を退治しましょう

 

犬のフィラリアには慢性フィラリアと急性フィラリアがあります。

 

 

慢性フィラリアの症状とは

 

@咳がでる(血管の流れが悪くなる。気管支静脈など)
A食欲がない
B散歩に行かない、嫌がる
C肝臓、腎臓の機能障害
D咳込んだ時に息切れや動悸
E腹水(腹に水がたまり膨らむこと)
F喉が渇き水をほしがる
G血尿を出す(一週間後に死に至る恐ろしい病)

 

急性フィラリアの症状とは

 

★大静脈症候群、べナカバシンドロームなど症状は赤褐色の尿がでて息切れ、呼吸困難などがかなり重症である。
食欲がなく元気がなくなり、黄疸がでる(白目や歯茎が黄色)起こり放置しておくと最後には死に至ることもありますので
早目の対応が必要です。
動物病院に受診しましょう!!

 

★また突然真っ赤なおしっこ(慢性血色)がでて一週間後に死に至る恐ろしい病気があります。
これを(急性大静脈症候群)といいます。

 

もしフェラリアにかかってしまったら?

 

★普段は症状がなく一般的には寄生虫が少ないとほとんど変わらないのが現状である。

 

★寄生虫の数が少ないほど助かる確率が大きいということも大事である。犬の年齢・寄生状況など体力的なことも考慮しながら治療に心がけましょう!!

 

★まずは体力がある場合はフィラリアを駆除する処置をとるということですが、駆除薬を投与してもかえってマイナスになる場合もあります。

 

★駆除薬を投与した結果、死滅した虫が肺につまり逆に悪くなこともあります。ケースバイケースということですかね。

 

★急性の悪化症状がでた場合は緊急手術が必要となります。
駆除薬を投与や手術が体力的に耐えれれないワンちゃんは自然治療すなわちその症状によっての治療が始まります。

 

フィラリア症にならないためにも予防薬のフィラリア薬で早目の対応をしてくださいね!!
とにかく病院では最善の努力をしますが可愛いワンちゃんの為にも寄生させないということが大事だということです。

 

フィラリアの予防薬の種類は次のページに詳しくご紹介させていただいております。

 

可愛いワンちゃん、猫ちゃんのためにフィラリアの薬を早くから飲ませることが飼い主さんにとって大切なのではないのでしょうか?

 

フィラリアの薬を忘れずに飲ませましょう!!

 

愛犬の命を守るのはあなたです!!

 

 

フィラリア予防薬

 

フィラリア予防薬は何があるの?

 

錠剤タイプ・注射型タイプ・チュアブルタイプがあります。

 

この中で一番人気なのがチュアブルタイプで中でもストロングハートチュアブルがよいと言われています。

 

ではワンちゃんにどんなお薬あるのかタイプ別に見てみましょう!!

 

まずは錠剤タイプはどんなお薬があるのでしょうか?

 

●キウォフハート(小型犬用)錠剤

 

一番人気のキウォフハート(小型犬用)錠剤タイプです。
犬糸状虫・犬の回虫などを予防する効果があり、錠剤タイプのフィラリア予防薬です。

 

投薬方法・・・・蚊が発生する時期の5月頃〜月に一度の割合で行ってくださいね。

 

必ず全部飲みきるようにしてください。でないと投薬の効果が減少してしまう恐れがあります。(前回の投薬〜1カ月以上間隔をあけた場合)

 

毎月決まった日付に投薬するかまたは1ヶ月に1度投薬するようにしましょう。

 

その前にフィラリアにかかっているかどうかを検査する必要があります。必ずフィラリアの検査をしてから投薬してください。

 

 

●ダイロハ―ト(錠剤タイプ)

 

犬糸状虫の寄生を予防し、それと同時に消化館内の駆除してくれるダイロハ―トは錠剤タイプのフェラリア予防薬です。

 

可愛いハート型の錠剤でバニラの香りがします。投与する時はドッグフード等に混ぜて食べさせるとワンちゃんも嫌がらずに食べてくれるでしょう。
投与が簡単になりやりやすくなります。
口に入れると犬の唾液によって「ダイロハ―ト」柔らかくしてくれるのでとっても食べることができます。

 

投与は月に1回ですが必ず守ってほしいことがあります。
30日後を目安に6回投薬し続けてください。間を開けすぎると効果が弱くなりこともあります。

 

●パノラミス錠

 

パラノミス錠は注目度NO1のお薬です。
1つの錠剤でフィラリア予防やノミ・マダニ駆除、体内寄生虫駆除ができる便利なお薬なんです。
今、日本国内でも効果の高いお薬といわれるほど大注目しており話題になっています。

 

 

パノラミス錠は毎月1回を1錠を投与するだけでいいという便利さがあります。
今までのようにフィラリア予防、ノミダ二駆除、体内寄生を何回も投薬すことはありません。

 

有効成分のスピノサドがかなりノミの駆除には効果があります。

 

即効性があり投薬後30分で効き目がでてきて4時間後には完全に駆除できると言われてます。

 

注射型タイプはどんなお薬があるのでしょうか?

 

ワンちゃんの注射ですよね!!
ちょっと痛いというイメージがありますが注射がいいという人のためにプロハート12というのがおすすめです。

 

●プロハート12

 

年に一度の注射でOKです。
12か月の予防が可能です。

 

注文の時は使用前の同意書の提出が必要です。(もしもの時のために)
効果は抜群と言われてますが・・・・・
かなり効き目はあるようです。

 

チュアルブタイプはどんなお薬があるのでしょうか?

 

●ハートガトープラス

 

メアル社製品のチュアルタイプので「日本で販売しているカルドメックチュアブルP」とまったく同じものである。

 

主成分はあの日本で有名な大村 智さんが開発したイベルメクチンですが、フィアリアでは長年にわたって有名な商品です。

 

生後6週間からご使用になられます。
ビーフ味でおやつタイプなので食べやすいという評判があります。
フィラリア予防、犬回虫、などの駆除に効果があるのでおすすめです。

 

●インターセプタースペクトラム

 

生後2週間から使用でき、体重4kg以下の超小型犬もOKです。

 

安全性の高いノバルティス社製の「ミルべマイシンA錠」「ミルべマイシンオキシム」を含むチュアルブタイプのおやつであります。
寄生虫も同時に駆除してくれるのでめんどくさがり屋の人はいいかもしれません!!

 

フィラリア予防、犬回虫、などに効果的です。

 

フィラリアの薬/フィアリア症のことについてわからない方はこちらの方に詳しくご紹介させていただいております。
詳しく知りたい方はこちらからどうぞ

 

フィラリア予防薬人気ランキング

 

フィラリア予防薬人気ランキング

 

さて皆さん!!フィラリアについて理解してきましたか?
ここでは最近のフィラリア予防薬の人気ランキングについて調べてみました。

 

どのフィラリア予防薬が人気なのか?
皆さんが買う時にお役に立てられたらいいなと思います。

 

ストラングハートチュアブル

ストロングハートチュアブルはどんなお薬でしょうか?

 

●トップブランドのカルメドッグチュアブルのジェネリックなのでお値段も手頃になっています。
●ストロングハートチュアブルは予防薬では根強い人気の商品です。
●一番人気のストロングハートチュアブルはワンちゃんの好きなミート味になっていましてよく食べるとの評判です。
●犬糸状虫・寄生予防すると同時に消化管内線虫の駆除が可能です。
●どのワンちゃんでも1ヶ月に1回のお薬を投薬。
●生後6週齢以上から投与できます。

 

小型犬用・・・11kg以下
中型犬用・・・12kg〜22kg
大型犬用・・・23kg〜45kg
45kg以上・・・服用方法は獣医師と相談してください。

 

キウォフハート

お客様の声・・・・・効き目がいいのでワンちゃんには安心のお薬だわ!!

 

キウォフハートはどんなお薬ですか?

 

2014年に販売されてもかかわらず今だに人気のある商品です。
お客様の声では速攻性があり効き目が良いとのことです。

 

●錠剤タイプのお薬で中でも小型犬用の「キウォフハート」が一番の人気です。ワンちゃんのが好物のミート味がいいのかもしれません!!
●投薬の前には必ず犬糸状虫が体内にいるかの検査をチェックしましょう。
●「キウォフハート」は1カ月に1度か、もしくは決まった日に投薬をしていただかなくてはなりません。
●犬糸状虫症・犬の回虫などを予防する効果があります。犬糸状虫の幼虫が成虫になるための駆除をします。
●キウォフハートはフィラリア予防薬でカルドメックのジェネリックです。
●主成分はイベルメクチン・パモ酸ピランテル

 

小型犬用・・・11kg以下
中型犬用・・・12kg〜22kg
大型犬用・・・23kg〜45kg

 

45kg以上・・・上記の錠剤を混ぜてご利用ください。
服用量については獣医師とご相談してください。

 

ダイロハート

お客様の声・・・・・口に入れると唾液が錠剤に柔らかく溶けて食べやすくなるとの大好評です。なので手軽に簡単に食べれるというのが魅了的です。

 

ダイロハートはどんなお薬ですか?

 

●「ダイロハート」とはジェネリック医薬品として製造されているお薬です

 

●ダイロハートは錠剤タイプのお薬です。主成分はイベルメクチン・ピランテル
かわいいハート型のお薬でバニラの香りがします。

 

●副作用と聞くと100%無いという保証はありません。「ダイロハート」以外(フィラリア予防薬以外)でも副作用がないとは言いきれないと思います。

 

●犬糸状虫・寄生予防すると同時に消化管内線虫の駆除が可能です。

 

●月に1度の投薬で毎月同じ日(30日後を目安)に投薬を6回しつづけください。

 

小型犬用・・・・・11kg以下
中型犬用・・・・・12kg〜22kg
大型犬用・・・・・23kg〜45kg

 

45kg以上のワンちゃんにはこれらの錠剤を合わせて使います。
45kg以上の服用量は獣医師にご相談してください。

 

フィラリアの検査

 

フィラリアの検査について

 

★フィラリアの薬を飲む前にフィラリアの検査は必要ですか?

 

動物病院にもよりますが実際はフィラリアの薬を飲む前にフィラリアの検査は必要です。
特に生まれて2〜3年しか経っていないワンちゃんは免疫力もついてないのでフィラリア症にかかりやすいです。一年に一度(7回)5月〜11月のフィラリアの薬を最後まできっちりと飲ませても見ていない所で吐きだしてしまったりすることもあるので大丈夫だという保証はないです。

 

私個人的にはもしワンちゃんを飼っていたら毎年フィラリアの検査をしますよ。
やっぱり何かあったら心配ですからね〜

 

でも疑問に思うのですが・・・・・
一般的にはフィラリアの検査は皆さんほとんどの人がやった方がいいと言っていますが本当のところはどうなんでしょう〜?

 

実は私の知人で小型犬のワンちゃんを飼ってました。フィラリアの検査は最初の5〜6年はやってたようですが途中からフィラリアの検査をしなくなりました。

 

もちろん毎年一回のフィラリアの薬だけは7回分きっちり飲ませてはいましたけどフィラリアに感染もなく15年まで生き続けていました。
まあ〜そのワンちゃんも老衰で亡くなったわけですがお年だからしかたがないですよね。15年も生きられれば本望ですよ!!

 

そんなわけですがフィラリアの検査は自分の判断でやるかやらないかを決めればいいと思います。フィラリアが心配な人は絶対にした方がよいです。
後で後悔したくないですからね〜

 

フィラリアの検査はどんなことをするの?

 

★フィラリアの検査には「抗原検査」と「ミクロフィラリア検査」の二つがあります。

 

「抗原検査」
@抗原検査は検査キットを使用します。
A血液中に成虫が放出してる物質がないかを検査します。科学的に反応させます。数分でわかり確実なのでこちらの検査の方が人気があります。

 

「ミクロフィラリア検査」
@直接鏡検・・・・犬の血液を直接顕微鏡で見る方法です。
A集中法・・・・・遠心分離器にかけて血液の中の子虫を見つけます。(こちらの方法が直接鏡検より少し検出度が確実なことが得られます。)

 

どちらの方法が良いかはわかりませんが獣医さんと相談して決めてください。
でも動物病院ではそこのやり方があるのでこちらでは決まられないこともあります。

 

フィラリアの薬いつから

 

フィラリアの薬はいつからなの?

 

前のページでも述べたようにフィラリア症、フィラリアの薬、フィラリア予防薬人気ランキング、フィラリアの薬飲み忘れ、フィラリア予防薬値段など少しづつ理解してきたように思います。

 

本当はフィラリアについてもっとわかりやすく簡単な説明文があるといいと思うのですが・・・・・
フィラリアについての考え方はそれぞれありますがフィラリア症にならないためにも飼い主さんが早目の対処をすることがポイントだと考えております。

 

 

でもフィラリアについて落とし穴があります。
以外にフィラリアの薬をいつから飲ませたらいいのかわからない人がいます。

 

実際にフィラリアの薬はいつから飲ませたらいいのでしょうか?
フィラリアの薬は通常ですと5月上旬から11月頃までの7ヶ月間です。

 

 

家のワンちゃんは少し早いですが4月頃から飲み始めます。
最近は温暖化になっていて毎年徐々に暖かくなってきている傾向があります。

 

なので蚊も早くから出てきているため少しでも早く刺されないように家では4月下旬から11月頃までフィラリアの薬を投与しています。

 

でもその場所や愛犬の体調を含めると12月頃まで投与する場合もあるのでわからない方は獣医さんに相談してください。

 

たいていは飼い主さんが判断することでしょう〜

 

12月頃までフィラリアの薬を飲ませられたら飼い主さんは安心だと思います。

 

フィラリアにご用心してください。

 

まずはワンちゃんが蚊に刺されないように家では虫よけアースノーマットや虫よけスプレーなどを早目に使用しています。

 

蚊に刺されないようにするのも飼い主さんの役目なので早目の対処をしておきましょう!!

 

 

フィラリアの薬種類

 

フィラリアの薬はどんな種類があるのでしょうか?

 

最近の傾向としてはフィラリアの薬は錠剤とチュアブルとスポットオンタイプに別れています。

 

それぞれのフィラリアの薬の種類によって人気ある商品かまたは売れ筋かがわかります。
今もっとも売れているのがピペットタイプの「レボリューション」です。

 

「レボリューションの中でも猫用または犬用がありますが「レボリューション猫用」が一番人気がありますよ!!
では「レボリュション」はどんな薬でしょうか?

 

「レボリュション」はノミ・マダニ・フィラリアの駆除薬です。
経口薬の苦手なネコちゃんやワンちゃんに最適な垂らすだけのスポットオンタイプです。
やり方もとっても簡単なので飼い主さんにはもっとも強い味方なんです。

 

どこに垂らすかといいますとネコちゃん・ワンちゃんの首の後ろの毛をかき分けて「レボリューション」の液を直接垂らすだけでOKです。
とっても簡単でしょう〜

 

ペットを狙う寄生虫と駆除がこれ一本で使えるとっても便利なお薬なんです。
家族の一員として暮らしているネコちゃんやワンちゃんをあなたの手で守りましょう。

 

次におすすめなのがハートガートプラス「カルドメック」です。

 

ハートガートプラスは日本名カルドメックと同一商品です。

 

ハートガートプラスはワンちゃんの好きな角切りビーフ味になっていてチュアブルタイプ(おやつ)のフィラリアの薬です。

 

比較的にハートガートプラスの人気は上位が多いです。

 

順番でいいますと
1位ハートガードプラス小型犬 

 

2位ハートガードプラス大型犬

 

3位ハートガードプラス中型犬

 

これを見てみますと飼い主さんもワンちゃんも便利で簡単なフィラリアの薬がいいようです。
飼い主さんは家のワンちゃんはどのタイプなのか見極める必要があります。

 

錠剤タイプの苦手なワンちゃんはチュアブルタイプのフィラリアのお薬を使用し、
歯を丈夫にしたいワンちゃんや歯石がつきやすいワンちゃんは錠剤タイプのフィラリアのお薬を投与しましょう。

 

あなたの力で愛犬からフィラリアを守ってあげましょう!!

 

フィラリアの薬のことでわからない方興味のある方はことらからでもわかります。

 

 

フィラリアの期限

 

フィラリアについてもっとわかりやすい情報を教えて!!

 

まずはフィラリア症についてお話しします。

 

これはママと子供の会話です。

 

ある一家のお話しですが子供の名前はMちゃんとでも言っておきましょう。

 

その家には可愛い小型犬のジュリちゃんというワンちゃんがいます。

 

毎年ジュリちゃんはフィラリアの薬を飲ませていますが皆さんはフィラリアの薬はいつから飲ませてますか?

 

結構知っているようで知らない方は多いです。

 

フィラリアの時期は5月〜12月頃まで月に一回一錠を投与します。

 

必ず月に一回、一錠を投与しなくてはなりませんがフィラリアの期限は12月までなのでもし一回でも飲み忘れがあったらいけません。

 

 

一カ月に一度フィラリアの薬を飲ませるわけですが少しぐらいなら過ぎても大丈夫だと思います。

 

どうして大丈夫かといいますとこれは昨年のお話しです。

 

でもそのジュリちゃんがやはり毎月一回フィラリアの薬を飲ませていたのですが12月の最後の月を少し過ぎて飲ませてしまいました。

 

今年はフィラリアの薬を飲む前にフィラリアの検査をしてからフィラリアの薬を飲ませました。

どうしてかといいますとやはり心配だったからです。

 

万が一、フィラリア症にかかっていたら大変なことになります。

 

なのでフィラリアの検査をしてからフィラリアの薬を飲ませました。

 

ここでフィラリア症についての知識を教えましょう!!

 

フィラリア症とは別名「糸状虫症」といい名前のごとく気持ち悪い細長い虫です。

 

寄生虫はそうめんの長さで17センチ〜28センチぐらいあり、みるからにとっても奇妙な虫なのでありますが犬に感染するとその名前の通り「犬糸状虫症」といい犬の心臓と右心房の肺動脈に寄生します。

 

もしも自分の飼っているワンちゃんがフィラリアにかかってしまったらどうしますか?

 

フィラリア症にかかったら大変です。

 

フィラリア症は本当に怖い病気です。死に至る場合がありますのでワンちゃんを飼っている方は気を付けてくださいね!!

 

あなたの手で愛犬をフィラリア症から守りましょう!!

 

ホーム RSS購読 サイトマップ